セグロアジサシ

Sooty Tern
Sterna fuscata

■分布:太平洋、大西洋、インド洋の熱帯および亜熱帯の島々、オーストラリア北岸で繁殖し、非繁殖期は周辺の外洋に生息。
 日本では夏鳥として小笠原群島、南鳥島、仲御神島で繁殖。本州、四国、九州、伊豆諸島でもまれに記録される。
■生息場所:海洋の島、海岸。
■先島諸島で見られる時期:
  ・・・CDEFGH・・・

探鳥記
■2022-9-1 小笠原航路
 小笠原で撮影した画像の整理を一旦終えたのち、見直すとライファーとしてのシロハラミズナギドリを見つけた。いっぽうガイドのN嬢がセグロアジサシを見つけて声をあげてくれたが、見つけられなかった。

 諦めきれずに再度全体を見直してみると、9-11日に嘴がまっすぐでかなり長い個体を見つけた。ミズナギドリ系はそれほど長くはなく、曲がりがあり先端も下に曲がっている。それ故この個体はアジサシ系と確信できた。

 初期の分別で見逃したのは、本個体が白と黒の色合いの成鳥ではなく、全体が褐色の若鳥であることも原因しているだろう。つぶさに識別していったころもあり、私自身習熟していったことが見つけた主因だと思われる。

■2013-10-2 ミコマスケイ
 大型のボートで2時間半。サンゴ礁の上にできた小さな砂洲についた。1.5haの面積あるが、人が歩けるのはごく一部に制限されている。砂はサンゴや貝殻が砕けたものでとても白く映える。
 一番沢山いたのはSooty Tern (セグロアジサシ)とBrown Noddy(クロアジサシ)であろう。それぞれ数千羽を超えると思われる。
 濃褐色の個体がいたが、現場では別種だと誤解していた。

主要更新
◇'13-11-6:本欄新設
■2022-9-1 (父島近辺/小笠原航路) 晴 (M.Zuiko340/1.4X/OM-1(840mm相当)) 面積1/16に削減。






■2013-10-2 (ミコマスケイ/オーストラリア) (Nik80-400/D7100(600mm相当)) 面積削減:上から2/3x2,1/3,2/3。








 若鳥  (Nik80-400/D7100(600mm相当)) 面積削減:上から1/8、2/3。




Copyright © woodpecker.me