ホオジロ

Meadow Bunting
Emberiza cioides

■分布:天山山脈、アルタイ山脈からモンゴル、ウスリー、サハリン南部、中国北部および東部、朝鮮半島に分布。
 日本では屋久島以北で繁殖し、北方のものは冬季、暖地や南方に移動する。
■生息地:平地から山地の灌木林、草地、農耕地、河原、林縁など。
■本州中部で見られる時期:
  @ABCDEFGHIJK

探鳥記
■202112-31 埼玉県川島町
 タゲリを撮っている時に見つけた。

■2021-2-5 埼玉県民の森
 三日前入手したM.Zuiko150-400mm/F4.5の初撮りである。高解像度で定評のある単焦点の300mmと同等の解像度を確認した。

■2015-7-12 九十九里浜
 Sig150-600Cのフィールドテストをした。価格なりの写りであるが、c/pは優れている。

■2015-1-29 鹿児島県 
 このような開けた条件ではNikon 1システムは十分機能する。

■2014-6-8 伊豆岬/三宅島 
 三宅島には結構な数のホオジロに出遇った。野鳥の種類は確かに少なく、競合する相手がいないので特定の種の数が多いのであろうか。

■2013-8-12 佐渡
 アマツバメを撮っていたら、すぐ目の前の木に停まった。近すぎて困った。

■2010-2-2 多摩川・秋川合流点
 まだ見ぬうちは頬が白いと思っていたのだが、「これではホオジロというよりホオグロではないか」と思った次第。

主要更新
◇'10-4-1:本欄新設。撮影したのは2月2日だったがホオジロと識別したのは本日。
■2022-1-19 (あきる野市谷戸) (M.Zuiko100-400/E-M1V(800mm相当)) 面積1/4に削減。


■2021-12-30 (埼玉県川島町) 快晴 (M.Zuiko150-500/E-M1X(1000mm相当)) 面積1/4に削減。


■2021-2-5 (埼玉県民の森) 快晴 (M.Zuiko150-400/E-M1X(800mm相当))  面積3/4に削減。




■2020-5-10 (あきる野市) 薄曇り (M.Zuiko340/2X/E-M1V(1200mm相当)) 面積1/4に削減。


■2020-3-13 (一ツ瀬川河口周辺/宮崎県) (M.Zuiko340/2X/E-M1V(1200mm相当)) 面積3/4に削減。


■2019-3-4 (巨勢川調整池/佐賀市) (Nik556PF/1.4X/D500(1050mm相当)) 面積1/6に削減。


■2015-10-13 (飛島) (Nik340PF/1.4X/D7200(630mm相当)) 面積2/3に削減。


 ・10-11    面積1/3に削減。


■2015-7-12 (九十九里浜) (Sig150-600C/D7200(900mm相当)) 面積1/6に削減。


■2015-1-29 (鹿児島県) (1Nik70-300/V3(810mm相当)) 面積1/6に削減。


■2014-6-8 (伊豆岬/三宅島) (Nik540/D7100(750mm相当)) 面積1/6に削減。


■2013-8-12 (二ツ亀/佐渡) (Nik340/1.4X/D7100(630mm相当)) 面積削減無し。


■2013-2-24 (さいたま緑の森博物館) 快晴 (Nik540/1.4X/D7000(1050mm相当)) 面積2/3に削減。


■2012-8-11 (浮島/稲敷市) (Nik540/1.4X/D7000(1050mm相当)) 面積1/3に削減。


■2011-2-3 (北本市/埼玉県) (Pen DA☆300/1.7X/K-5(765mm相当))  面積1/4に削減。


■2010-6-20 (裏磐梯/福島県) (Pen DA☆300/1.7X/K-7(765mm相当))  面積1/3に削減。


Copyright © 2020 woodpecker.me