アオサギ

Grey Heron
Ardea cinerea

■分布:ユーラシア大陸中部以南、インドネシア、アフリカ、マダガスカルに分布。
  日本では九州以北で繁殖。本州北部以北では夏鳥、それ以南では留鳥。
■生息場所:湖沼、河川、水田、干潟。
■本州中部で見られる時期:
  @ABCDEFGHIJK

探鳥記
■2017-2-5 スリランカ
 きれいな婚姻色である。サギ山風で一本の大きな木に数十羽のコロニーがある。

■2012-1-19
 初めてNikon 500mm/F4を使った。 ここまで遠いのにかなりディテールが出ている。システム全取っ替えは成功だったようである。

■2011-10-8
 展望塔に登ったら公園全体が見渡せた。手前に湿地、その向こうに大きな沼、その向こうにはマングローブ林と河口に続く。
 手前の湿地帯の木々の梢に数十羽のアオサギのコロニーができていて、巣作りをしていた。

■2010-1-29
 サギの中ではダイサギとほぼ同じで一番大きな体である。大きいし灰色がかっているので見分けも付きやすい。
  ものの本によると、筋力の限界から飛翔できる鳥の最重量は15kgだそうである。アオサギは大きいけれど体重はたったの1.2-1.8kgであるそうだ。限界にはほど遠い重さである。

主要更新
◇'10-3-24 本欄新設
■2018-5-21 (秋川流域) <Nikkor70-300/D7200(450mm相当)> 面積1/4に削減。


■2018-5-18 (あきる野市) <Nikkor340PF/TC14E3/D500(630mm相当)> 面積1/2に削減。


■2018-5-4 (あきる野市) <Nikkor340PF/TC17E2/D500(765mm相当)> 面積1/3に削減。


■2017-2-5 (ティッサマハーラーマ周辺/スリランカ) <Nikkor340PF/TC14E3/D500(630mm相当)> 面積1/8に削減。


■2014-9-25  (習志野市・谷津干潟)  薄曇り <Tamron150-600/D7100(900mm相当)>  面積1/2に削減。


■2012-7-29 (三番瀬/千葉県) <Nikkor540/TC14E/D7000(1050mm相当)>  面積1/4に削減。

何回も咥え直したのち、苦労して飲み込んだ。

■2011-10-8 (クアラセランゴール自然公園/マレーシア)  <Sigma50-500/K-5(750mm相当)>  面積1/4に削減。
雄?が巣材の枯れ枝を運んできて、雌?に口渡している瞬間。

■2010-10-31 (汐川干潟/愛知県)  <Pentax DA☆300/AF1.7X/K-7(765mm相当)>  面積1/2に削減。
“昼飯は豪華なうなぎの活き造り”、目の前では飲んでくれなかった。

■2010-10-9  (スンガイブロー/シンガポール)  <デジスコ:TSN884/TE20H/LX5(2250mm相当)>  面積2/3に削減。


■2010-4-11 (上野・不忍池) <Pentax FA☆400/K-7(610mm相当)>  面積1/4に削減。


■2010-2-4  (平井川/東京日の出町)  <Pentax A☆600mm/A1.4X-L/K-7(1285mm相当)>  面積1/2に削減。


HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2018 woodpecker.me