カンムリカイツブリ

Great Crested Grebe
Podiceps cristatus

■分布: ユーラシア大陸中部、アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドに分布。
 日本ではほとんどが冬鳥として九州以北に渡来する。
■生育場所:湖沼で繁殖し、内湾、河口、大きな湖沼で越冬。
■本州中部で見られる時期:
  @ABC・・・・・IJK

探鳥記
■2019-11-28 オーストラリア
 海鳥の勢力範囲は世界に及ぶ。

■2016-11-20 狭山湖
 何年かぶりに訪れた気がする。本日もざっと数えておおよそ500羽が群れていた。見ていると一斉に潜って漁をしていた。

■2010-12-23 狭山湖
 カンムリカイツブリが私の推定で約700羽群れており、一斉に潜っては餌を採っていた。ザトウクジラが共同で鰯を追い込むように。この群れの中にはハジロカイツブリもいくらか混じっており、同じように行動していた。

■2010-9-24 河北潟
 この程度に遠くなると肉眼ではおろか、8倍の双眼鏡でも判別は難しい。したがって、なんでも撮影しておくべきだと痛感する。
 この個体は顔に黒紋があるので幼鳥であろう。

主要更新
◇'10-9-26:本欄新設
■2022-2-6 (波崎魚港/千葉県) 快晴、風あり (M.Zuiko150-500/2X/(2000mm相当)) 面積削減なし。


■2022-1-10 (狭山湖/埼玉県) (M.Zuiko150-400(890mm相当)) 面積削減:上から1/3,無し。




■2021-11-29 (山中湖) (M.Zuiko150-400/E-M1X(800mm相当)) 面積1/6に削減。




■2019-12-8 (ハーズマン湖/オーストラリア) (M.Zuiko340/1.4X/E-M1X(840mm相当)) 面積1/2に削減。




 ・11-28 (ハーズマン湖/オーストラリア) (M.Zuiko340/1.4X/E-M1X(840mm相当)) 面積削減:上から、無し、3/4。




     (Lumix100-300/E-M1U(600mm相当)) 面積1/2に削減。


■2019-1-10 (狭山湖/埼玉県) (Nik556PF/1.4X/D500(1050mm相当)) 面積2/3に削減。


■2018-11-29 (ケオラディオ国立公園/インド) (Nik340PF/1.4X/D500(630mm相当)) 面積削減:上から1/3、1/4。




■2018-3-21 (飯岡漁港) 小雨、風あり (Nik540FL/1.4X/D500(1050mm相当))  面積削減:上から無、2/3。




 ・3-20   小雨、強風 (Nik540FL/1.4X/D500(1050mm相当))  面積1/6に削減。


■2017-3-31 (渡良瀬遊水池) (Tam150-600G2/D500(900mm相当)) 面積1/8に削減。


■2016-11-20  (狭山湖) (Tam150-600G2/D500(900mm相当)) 面積2/3に削減。 おおよそ500羽、集団で漁をしていた。


■2013-9-28 (バリーン湖/オーストラリア) (Nik540/D7100(750mm相当)) 面積1/12に削減。


■2013-4-6 (銚子漁港) 曇、強風 (Nik80-400/D7100(600mm相当)) 面積削減:上から1/4、1/8。




■2011-2-19 (銚子漁港) (デジスコ:TSN884/TE20H/LX5(2250mm相当))  面積1/4に削減。


 (Pen DA☆300/1.7X/K-5(780mm相当)) 面積1/4に削減。


■2010-12-24  (狭山湖) (Pen DA☆300/1.7X/K-5(780mm相当)) 面積削減無し。

 約700羽いたカンムリカイツブリの群れの一部;この中にハジロカイツブリが2羽混じっている。

Copyright © woodpecker.me