インドカンムリアマツバメ

Crested Treeswift
Hemiprocne coronata

■分布:インド亜大陸から東南アジアの留鳥。インド、スリランカ、ブータン、バングラデシュ、ネパール、ミャンマー、タイ、ベトナム、カンボジア、ラオス、中国。
■生息場所:森近辺の開けた場所、公園、庭園。海抜365m以下の地域。
 (Wikipediaより)

探鳥記
■2017-2-5 スリランカ
 間近で素晴らしい雄の個体を撮ることができた。今まで見たこともないほどのアマツバメ類である。
 しかし、写真を整理してウェブページに載せるときに、タイで既に撮っていることを見つけた。少し残念な気持ちである。タイの個体は空を飛んでおり、下から見上げているために印象的なカンムリが見当たらず、記憶になかったのであろう。

 アマツバメは一度巣立つと、雛に餌をやる時以外はほとんど空中を飛んで過ごすといわれる。 餌を獲るときや交尾中のみならず、飛びながら眠るらしい。それ故、足が退化している。
 ただこの種類はこのように木に止まることがあり、そこから英名がTreeswiftとつけられたらしい。

■2014-12-28 ドイ・インタノン
 オウムを待っていた時に頻繁に現れた。かつてエクアドル、オーストラリア、スラウェシで頼んだガイド達は例外なくツバメ類は無視した。こちらがせっついて初めて名前を教えてくれる。ガイドにとってはガイドしがいがない種であるらしい。誰でも見つけられるからであろうか。

主要更新
◇'15-1-24:本欄新設
■2017-2-5 (ヤーラ国立公園/スリランカ) <Tamron150-600G2/D500(900mm相当)> トリミングなし。



 ・ <Tamron150-600G2/D500(525mm相当)> 面積で1/6にトリミング。


■2017-2-4 (ティッサマハーラーマ周辺/スリランカ) <Tamron150-600G2/D500(690mm相当)> 面積で1/3にトリミング。


■2014-12-31 (ドイ・インタノン/タイ)  Nikkor340/TC17E/D7100(765mm相当) 面積トリミング、上から1/8,1/12x2。




HOME | BIRD LIST | RECORD | LIFE LIST | PROFILE
All Rights Reserved, Copyright (C) 2009-2017 woodpecker.me