コムクドリ

Chestnut-cheeked Starling
Sturnus philippensis

■分布:サハリン南部、南千島で繁殖し、冬季はフィリピン、ボルネオ北部に渡る。
  日本では夏鳥として本州中部以北に渡来し、渡りの時期には他の地域も通過する。
■生息地:平地から山地の明るい林。
■本州中部で見られる時期:
  ・・・CDEFGH10・・

探鳥記
■2022-4-22 あきる野市
 様子を見に来た。本日コムクドリは全く見られず。カメラマンもゼロ。皆があきらめたものと思われる。

■2022-4-21 あきる野市
 昨日までほぼ1週間、20羽ほどの群れが滞在していたが、本日は2羽のみ。渡去する群れに合流し損ねたのだろう。期待したカメラマンは私を含めてまだ4人いた。

■2017-6-18 富士山麓
 広大な草原に木がまばらに生えている。その木や草の上に何種類かの野鳥が止まって楽しませてくれた。
 10本以上ある枯れ木には多くの穴が開いており、キツツキが掘ったものと思われる。何組かのコムクドリの番がその穴を子育てに利用していた。

■2015-5-2 飛島
 好天が続くと渡去する群れがでてくる。本日は3つの群れが島の北端から北の方に向かうのを見た。このコムクドリは約50羽の集団であった。

 このような群れを見ると、厳しい試練が待っているだろうから「つつがなく目的地に着いてくれよ」と願わざるを得ない。

■2011-6-27
 車で走っているとき、ふと見上げた電線に数羽のムクドリ大の鳥が止まっていた。少し色合いが違うなと思ったらコムクドリだった。

主要更新
◇'11-7-6:本欄新設
■2022-5-9 (酒田市日和山公園) 薄曇り M.Zuiko340/1.4X/OM-1(840mm相当)) 面積1/4に削減。




■2022-4-21 (あきる野市) 薄曇り M.Zuiko150-400/OM-1(800mm相当)) 面積削減:上から1/3,1/2。




 ・4-21  薄曇り M.Zuiko340/1.4X/OM-1(840mm相当)) 面積削減:上から3/4,1/2。




■2021-7-18 (東京港野鳥公園) 快晴 (Nik556PF/1.4X/D500(1050mm相当)) 面積1/3に削減。


■2019-7-9 (葛西臨海公園) 薄曇り (Nik556PF/D500(750mm相当)) 面積削減:上から1/3x2,1/2。






■2019-4-24 (平島)  曇り (Nik340PF/1.4X/D500(630mm相当)) 面積2/3に削減。 <ムクドリが一羽混じっていた>


 ・ (Nik556PF/D500(750mm相当)) 面積1/6に削減。


■2017-6-18 (富士山麓) 薄曇り (Tam150-600/D500(900mm相当)) 面積削減:上から1/2,1/3,1/6x2。








■2015-5-2 (飛島) (Nik340PF/1.7X/D7200(765mm相当)) 面積削減:上から1/3,1/12。




■2014-7-2 (北海道紋別市) (Nik540/D7100(750mm相当)) 面積1/6に削減。




■2012-5-7 (飛島) (Nik540/1.4X/D7000(1050mm相当)) 面積削減:上から1/4,1/6。




■2012-4-27 (舳倉島) うす曇り (Nik540/1.4X/D7000(1050mm相当)) 面積1/4に削減。


Copyright © woodpecker.me