ヒメハジロ
Bufflehead
Bucephala albeola

■分布:北アメリカ北部で繁殖し、冬季はアラスカ南部からアメリカ西部、南部に渡り越冬する。
 日本では、まれな冬鳥として少数が渡来することがあり、北海道や岩手県、茨城県で記録されている。
■生息地:内湾、港、河口、大きな湖沼。
■北海道で見られる時期:
  @AB・・・・・・・IJK

探鳥記
■2022-12-12 多摩市関戸
 3日前に来た時には飛翔姿が撮れなかったので、再度それを狙ってきた。10時から11時半まで居たが、その間3回飛んでくれた。また、前回よりずっと近くまで来てくれたので良い画像が撮れた。
 カメラマンは葦などに隠れていたので全貌は見渡せないが、100人以上はいたようだ。

■2022-12-9 多摩市関戸
 近畿から帰る早々S.T氏からJapan Birding情報をもらった。多摩川中流にヒメハジロが来ているという。車で40分ほどの距離なので、近畿探鳥旅行の画像整理を一旦棚上げしてすぐ向かった。

 堤防の上に上がると、目の前の河岸に数十人のカメラマンが散らばっていた。ヒメハジロはひっきりなしに潜っては餌を探していた。間もなくS.T氏も合流した。1時間ばかりで退出した。

■2016-4-2 スタンレー公園
 初日に出遇った初見鳥の一つである。

主要更新
◆'16-4-15:本欄新設
■2022-12-12 (多摩市関戸) 快晴 M.Zuiko340/1.4X/OM-1(1000mm相当)) 面積削減:上から1/4,1/6x2,1/8,1/2,1/3,2/3,1/2,1/6。


















 ・12-9 晴れ M.Zuiko150-500/OM-1(1000mm相当)) 面積削減:上から1/3,1/4,1/3。






■2016-4-4 (バンクーバー) 晴れ (Nik540FL/1.4X/D7200(1050mm相当)) 面積1/2に削減。


 ・4.3  晴れ  (Nik540FL/1.4X/D7200(1050mm相当)) 面積2/3に削減。






Copyright © woodpecker.me